梅毒とは

梅毒は、梅毒トレポネ−マと呼ばれる細菌が感染する事で発症する病気で世界に広く分布している病気です。

ペニシリンが特効薬ですが、このペニシリンの発見以来、世界的に減少傾向でしたがここ数年再流行の兆しを見せています。

梅毒の症状

病原菌に感染してから3週間ほどで、性器や口など感染部位の皮膚や粘膜にしこりが出来ます。

第I期

梅毒感染の初期では、感染部位に病変ができます。

感染後約3週間後に病原体が感染した部位に初期硬結、硬性下疳(潰瘍)が形成され、リンパ節に痛みの無いシコリができる場合も有ります。

これらの症状は、数週間で無くなりますが治癒したわけではありません。


第II期

梅毒を治療せずに放置すると、症状は全身症状に移行します。

第I期梅毒の症状が消えると4〜10週間の潜伏期を経て、手掌・足底を含む全身に皮膚症状が出ます。

これら皮膚症状には、皮疹、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛などがあります。

あわせて、発熱、倦怠感、泌尿器系、中枢神経系、筋骨格系など全身に症状が出た後、数週間〜数ヶ月で無治療でも症状は無くなります。

これら症状が無くなっても治癒したわけではなく、潜伏期間に入ります。

潜伏梅毒

初期梅毒の症状が無くなった後、潜伏梅毒と呼ばれる症状が無くなる期間が数年~数十年続きます。

晩期顕症梅毒

潜伏梅毒の期間が過ぎると晩期症状が起こります。

数年〜数十年の後期潜伏梅毒の経過から、長い非特異的肉芽腫様病変(ゴム腫)、進行性の大動脈拡張を主体とする心血管梅毒、進行麻痺、脊髄癆等に代表される神経梅毒に進展し、この段階になると治癒が非常に難しくなります。

梅毒の感染経路

梅毒トレポネーマ

梅毒の病原菌は、低酸素状態でしか長く生存できないので、感染経路はあまり多くありません。

感染経路は、感染者との粘膜の接触を伴う性行為や類似行為で感染します。

皮膚や粘膜の小さな傷から侵入した病原菌が、血液に溶け込んで全身に広がります。

特にアナルセックスは感染率が高いとも言われ、口に梅毒症状があればキスだけでも感染する可能性があります。

また、母体から胎児へと感染する可能性もあります。この場合は先天梅毒といわれます。

その他、梅毒感染者の血液を輸血されて感染する例、誤って梅毒感染者の血液に触れて感染するという例も稀にあります。

梅毒の検査法

感染から1か月ほど経過すると、血液検査が可能になります。

性行為で感染してから発症までの間は症状が無いことが多く、症状が出てからの検査となります。

IconA_Blood

梅毒を検査するキット

BannerMenKit BannerWomenKit

梅毒の治療法

感染確定すると、ペニシリン系・セフェム系の抗生剤の内服薬を使用します。

早期の段階であれば、10~20日間ペニシリンの注射を継続したり、30日ほど内服継続します。

患者さんの症状に応じて、服用薬、期間も変わってきます。

放置すると死に至る可能性もありますので、きちんと治療を受けましょう。