軟性下疳とは

男女それぞれ性器に豆粒程度のコブができ、潰れると強い痛みを伴う潰瘍になります。

国内での感染は少なく、海外での感染が多くなっています。現段階での患者数はとても少なくなっています。

アフリカや東南アジア、また南米地域で発症しやすい病気として知られています。

特にアメリカで感染者が多くなっており、軟性下疳の症状が出るとHIVに感染しやすくなります。

軟性下疳の症状

男性、女性ともに同じ症状が出ます。

男性は亀頭やカリの周辺に、また女性は外陰部などに発症します。

主な症状としては、豆粒程度の柔らかいコブができ、コブが潰れると潰瘍になって強い痛みが出てきます。

患部を触ると強い痛みを伴い、太ももの付け根のリンパ節が大きく腫れることもあります。

潰瘍は皮膚がえぐれた感じの状態になりますが、女性の場合は痛みが出ないこともあります。

放置しておくと数週間で治ることもありますが、再発も多くなっています。

軟性下疳の感染経路

多くは性行為で発症し、「ヘモフィルス・ デュクレイ」と呼ばれる菌が原因となっています。

性行為を行う時に、潰れた潰瘍に触れることで感染します。またオーラルセックスで感染することもありますので注意が必要です。

しかしセックスができないぐらいの激痛を伴い、さらに潜伏期間も比較的短いため、感染者から実際に感染することはそんなに多くはありません。

軟性下疳の検査法

軟性下疳は見た目の症状に特徴がありますので、目視によって病気を判断します。

そのため特別な検査が行われることはありません。

しかし梅毒の可能性がある時は、区別のために血液検査などを行うこともあります。

検査方法は顕微鏡検査、または細菌の培養などがありますが、検査自体が難しく感染者がほとんどいないので、国内では検査が行われることはありません。

軟性下疳の治療法

治療については抗生物質を投与し、処置すると数日で症状は完治します。

この場合注射、飲み薬、軟膏などを使います。

また太ももつけ根のリンパ節に出きた膿については切開して膿を排出します。

各自それぞれ症状も変わってきますので、一人一人の症状を見て判断することになります。

軟性下疳の予防法

軟性下疳は潜伏期間がとても短くまた激痛を伴うので、パートナーへ感染する可能性はそんなに高くはありません。

そのため数日間相手の様子を見て、特に症状が出なければ感染はしていないと判断します。

不特定多数とのセックスの自粛、さらにセックスをする時はコンドームを着用するなどしてください。

また口から口への感染やオーラルセックスでの感染もありますので、普段から注意する必要があります。

BannerMenKit BannerWomenKit