ヘルペスが皮膚に感染し水泡みたいものが出き、それが破れただれたような状態のことを言います。

強い痛みを感じることがあり、初めて感染した女性の中にはトイレができないほどの痛みを訴える人もいます。

性器ヘルペスのウイルスの撃退はできませんが、再発を抑制する治療法はあります。

口の周りにできるヘルペスと似ていますが、顔や口唇などの上半身に出きるものは1型の口唇ヘルペスになります。

性器ヘルペスなど下半身に症状が出てくるのは、2型の性器ヘルペスです。

性器ヘルペスの症状

初期の段階では、患部に痒みやヒリヒリ感が出てきます。

その後2~10日程度で痒みのある1~2mm程の水ぶくれ、また赤身を帯びたブツブツがでてきます。

水ぶくれが破ると潰瘍ができ、強い痛みを伴います。この時太もものリンパ節に、痛みや腫れが出てくることもあります。

亀頭や陰茎体部に症状が出ますが、人によってはお尻や太もも、肛門の周辺や直腸粘膜に出ることもあります。

感染時の症状は特にありません。二回目以降は初感染の時と比べて症状も軽く、完治までの期間も短縮されます。

性器ヘルペスの感染経路

初めての感染は性行為がほとんどで、風邪のような空気感染や飛沫感染はありません。

性行為を行う相手の性器にできたヘルペスから移ることが多くなっていますが、皮膚や粘膜にある小さい傷から移る可能性もあります。

また相手に性器ヘルペスの症状が出ていなくても、性器や粘膜にウイルスが出きていることもありますので注意が必要です。

性器ヘルペスの検査法

診断は主に視診と検査が中心であり、局所部分の潰瘍や水ぶくれからウイルスを採取して調べます。

またその時初感染なのか、既に感染していたものかを判別するために、採血をして抗体検査を行う時もあります。

保険適用になるかどうかは病院の治療方針によって変わってきます。

性器ヘルペスの治療法

潜伏感染したヘルペスの完治は現代医学ではできません。

病院で行う治療は抗ウイルス薬を使用して、ウイルスの増殖を抑える方法をとります。

抗ウイルス薬には塗り薬と飲み薬があり、各自の症状によってそれぞれの方法がとられます。

さらに症状によって痛み止めやビタミン剤、また抗生物質などを使うこともあります。

性器ヘルペスの予防法

性行為での感染が多いので、セックスを行う時は十分注意するようにしてください。

性器ヘルペスは、コンドーム付近にウイルスがいれば感染する可能性も高くなります。

そのためたとえコンドームをつけていても感染することがあります。

大切なことは、症状のある人と性行為しないことです。また患部を触らないようにしてください。

BannerMenKit BannerWomenKit