サイトメガロウイルスとは

サイトメガロウイルス感染症は、ヘルペスウイルスの一種であり症状が出ることはあまりありません。

しかし免疫力の低下によって、いろいろな症状が出てくることがあります。特に乳幼児期の感染率が高くなっています。

また多くの人が抗体を持っていることから再感染の可能性は低くなっています。

乳幼児期に感染していなくても、性行為が多い若い成人層に感染するとことも少なくありません。

感染しても症状はありませんので、妊娠中の人は感染に注意する必要があります。

サイトメガロウイルスの症状

男性、女性それぞれ同じような症状が出てきます。

サイトメガロウイルスが原因で、伝染性単核球症を発症することもあります。

感染すると発熱、倦怠感、湿疹、のどの痛み、首のリンパ節のはれや肝機能異常などが起こります。

また免疫力の低下により、肺炎、脳炎、網膜炎、胃腸炎などの症状が出る場合もあります。

さらに免疫不全の患者さんが発症すると、死に至ることもありますので注意が必要です。

サイトメガロウイルスの感染経路

先天性の感染と後天性の感染があります。

先天性の感染は胎内感染になります。

妊娠中に母親が感染すると、胎盤を通じて胎児にも感染します。この場合、出産時には約1程度の人に異状が出てきます。

また後天性感染は、感染者の体液などが原因になります。

しかし乳幼児期に一度感染していれば、再感染の心配はありません。

一度感染すると再感染はありませんが、体内にウィルスがありますので免疫力の低下による症状が出ることもあります。

サイトメガロウイルスの検査法

サイトメガロウイルス感染症は、ウィルス分離、CMV抗原血症、また感染細胞の検出など、細胞・組織病理学的検査を行います。

細胞・組織病理学的検査では、組織標本やBAL液を使って巨細胞核内封入体を有している細胞を検出します。

検査法についてはクリニックによって変わってきますので、担当医とよく相談してください。

サイトメガロウイルスの治療法

感染症の疑いがある人は、組織や体液検査をしてウィルスを検出します。

新生児の診断は尿を培養して行います。

免疫機能が低下している場合、血液、体液、肺と言った組織にウィルスが存在していることもあります。

またクリニックによっては、ウィルスの数を調査するために血液検査を行うこともあります。

それぞれの症状に合わせて治療を行うことになります。

サイトメガロウイルスの予防法

性行為によってサイトメガロウイルス感染症になることも少なくありません。

そのためウィルスなどに感染しないように、注意する必要があります。

セックスを行う時はコンドームを使用するなど、事前の準備も大切です。

BannerMenKit BannerWomenKit