尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマは、性器にイボができる病気です。

性器や肛門の近辺にカリフラワー状、あるいは乳頭みたいなイボができ、治療しても再発することも少なくありません。

イボは外科的手術を行って切除しますが、ヒトパピローマウィルスの完全排除はとても困難です。

3カ月以内に約25%の人たちが再発すると言われており、その場合パートナーも感染していることが多くなっています。

またその時に特に症状がなくても、数カ月後にパートナーに症状が出てくることもありますので注意してください。

尖圭コンジローマの症状

男女とも、同じような症状が出てきます。

薄いピンク色、あるいはニワトリのトサカ状、また乳頭状のイボができます。

イボには痒みや軽度の痛みが出る場合もありますが、特に自覚症状ありません。

イボが出る場所は、亀頭、陰茎、陰のう、包皮の内側などです。

人によっては肛門の中や、肛門近辺、さらに尿道口に出てくることもあります。

イボは進行すると次第に徐々に大きくなり、数も増加していきます。

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの感染ですが、様々な性行為によって移ります。

ックスをはじめ、オーラルセックスやアナルセックスなど、相手と接触することで感染のリスクも高まります。

性行為での感染が多くなっていますが、性行為意外でも粘膜や皮膚などの傷口から感染することもあります。

また妊婦は妊婦検診によって、出産時の母子感染を防止できます。

尖圭コンジローマの検査法

尖圭コンジローマの診断の際、検査が行われることはあまりありません。

と言うのも、尖圭コンジローマは目視で判断できるからです。

見た目で判断できない時は、組織検査を行います。

組織検査は局所麻酔を行い、イボの一部を切り取って検査します。

その他にも遺伝子検査によって診断することもあります。

ハイブリッドキャプチャー法により、ヒトパピローマウィルス感染しているかどうかが分かります。

ヒトパピローマウィルス感染が判明すれば、尖圭コンジローマの診断も確実にできます。

尖圭コンジローマの治療法

様々な治療方法がありますが、完治できる治療法や特効薬はありません。

どのような治療法を行っても、再発することがあります。

主な治療は凍結療法やイボを直接焼く方法、またベセルナクリームなどになります。

その他にもメスを使用しての切除や、抗がん剤入りの軟膏やポドフィリンなども使われます。

尖圭コンジローマの予防法

性交渉に注意することです。性行為を行う時は必ずコンドームを着用してください。

正しいセックスをすることで感染を回避できます。

さらに男性は風俗など、不特定の相手と性行為を持たないことも大切です。

BannerMenKit BannerWomenKit