カンジダとは

カンジダは、真菌という、カビの一種に属する菌で真菌は身体のあらゆるところ、皮膚、口の中、消化管、腟に常在しており、膣の中は正常人の約10%には検出されとされます。

腟カンジダは、腟の中にいるカンジダ菌が風邪や疲労、ストレス等、日常生活においての免疫力の低下、またホルモンの変化等なんらかの原因で増殖し、外陰部にかゆみやおりものの異常などを起こす病気を指します。

カンジダは女性の約20%が経験する女性特有の病気でもあります。

カンジダの症状

男性はあまり発症することがなく、主に女性に多い病気です。

症状として、性器の強い痒み、白くドロッとしたおりものや亀頭からの分泌物、性器が真っ赤になる炎症反応などがあります。

発症しやすい女性においては、外陰部の浮腫や発赤、灼熱感、痛み、そして性交時に痛みを感じるなどの症状が挙げられます。

カンジダの原因

カンジダ

カンジダにかかる要因は多岐にわたります。

体調不良やストレス、通気性の悪い下着による陰部の蒸れ、月経前や妊娠中のピルの服用など、様々な要因が挙げられます。

もともと、カンジダは原因菌が常在菌(誰でも普通に持っている菌)であり、免疫力の低下した状態に菌が増殖して発症する病気です。

人から人に感染するとすれば、カンジダが増殖した状態の性器に接触する性行為による感染が考えられます。

男性から女性に感染することが多く、その逆のパターンは少ないといえます。

カンジダの検査法

女性であれば培養検査をします。

長い綿棒状のもので膣内の分泌物を少量採取し、菌培養をしてカンジダ菌が大量増殖するかどうかを見る検査で、感染していれば大量増殖するようになっています。

男性であれば尿検査が主流で、女性のように綿棒状のもので陰茎をこすり培養検査をします。

この綿棒を使うカンジダの検査は、検査キットがあれば自宅にて自分だけで行う事も可能です。

IconA_Inkei IconA_Chitsu

カンジダを検査するキット

BannerMenKit BannerWomenKit

カンジダの治療法

ビタミンが欠乏することで免疫力が弱くなり、悪玉菌の繁殖することで日和見感染するのがカンジダ症です。

菌そのものが異常なものではないと既に解説した通り、菌を死滅させるような治療ではなく、ビタミン剤や乳酸菌整腸薬の内服薬を使用したり、抗菌作用がある外用薬を使用します。

免疫力を回復させることが、カンジダの治療になります。