細菌性腟症とは

クラミジア、カンジタ、淋菌といった特殊な菌ではなく、普段私たちの体内にいる菌が腟内で過剰に繁殖して炎症を起こす病気です。

セックスフレンドが多い人にかかりやすい病気と言われています。

月経の時、さらに病気をして免疫力が低下した時にも発症しやすくなります。

感染した半数程度の人には特に症状はありませんが、妊娠している女性は治療が必要になります。

また細菌性腟症は流産や早産の原因にもなっています。

現在妊娠している方は、十分注意するようにしてください。

細菌性腟症の症状

細菌性腟症にかかった半数以上の女性は無症状です。そのため気づかない人も多いのです。

自然治癒で治ることありますが、通常は治療しなければ完治しません。

「魚の生臭いにおい」、「灰白色のオリモノ」、「排尿時のしみる感じ」、「軽いかゆみ」などの症状が出ます。

この中で「魚のような生臭いにおい」は、腟炎の大きな特徴でもあります。

この場合、アミン臭、魚臭といった強烈な臭いを伴います。

細菌性腟症の感染経路

セックスでの感染も多いのですが、体内に存在している菌の過剰な繁殖によっても発症します。

多種の菌が増殖して発症すると言われていますが、病因の完全解明には至っていません。

健康な人の腟は強い酸性状態ですが、免疫力が低下すると腟内のPHバランスが乱れ、細菌が繁殖しやすくなります。

細菌性腟症の検査法

病院では膣分泌物の性状の確認や、水酸化カリウム水溶液を加えアミン臭の発生を調べます。

膣内は通常は酸性ですので、PHを測定して膣内か正常かどうかも判定します。

その他にも顕微鏡検査をすることもあり、この場合膣分泌物を染色して細菌を確認します。

また細菌に対しての薬の効果を調べる、薬剤感受性検査を行うこともあります。

細菌性腟症の治療法

この病気は確実な治療方法が存在していません。

様々な細菌が原因で発症しますので、薬を投与しても効果がないこともあります。

確実な治療法はありませんので、完治しない場合は様々な薬を投与していきます。

実際は膣錠、また飲み薬での治療が一般的になっており、薬の効果があればだいたい2~3日で症状は改善されます。

しかし再発も多いので、治療が長期間に及ぶこともよくあります。

細菌性腟症の予防法

細菌性腟症は人から感染することはあまりありません。

新しいセックスパートナーができ、性的環境が変わった人、さらに元々セックスパートナーが多い人が感染しやすくなっています。

セックスが多いと乳酸桿菌も減少しますので、セックスの回数が多い人はセックスを控えることも大切です。

BannerMenKit BannerWomenKit