1性病の種類

性病には病原体によって様々な病気に分類され、病原体には、細菌、ウィルス、原虫、カビなどがあります。

また、症状も重いものから軽いもの、完治するものまであり、性行為で感染するものから性行為以外でも感染するものまであります。

感染経路も粘膜の接触により感染するものから血液や体液により感染するものまで様々です。

目次

細菌による性感染症

細菌による性感染症は、粘膜の接触等により病原体が保菌者から他者へ感染し発症します。

細菌による性病には、クラミジア感染症、淋菌感染症などがあり、カビも細菌に分類されますのでカンジダ症もこの分類に属します。

クラミジア感染症

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマティスという細菌が感染して発症し日本にでは感染者数が一番多い性病です。

症状は、男性は尿道の痒みや違和感や、尿道からの分泌物(膿)や軽い排尿痛や精巣上体の腫れや軽い発熱や痛みなどで、女性はオリモノの増加や不正子宮出血や下腹部の違和感や性交時の痛みなどがあります。

淋菌感染症

淋菌が粘膜を介して感染し発症する病気で性行為により感染します。

淋菌感染症の症状は、男性は排尿時の痛み、尿道の痒みや熱感などが出てきて、尿道からの分泌物や粘液、膿がでます。

女性は、おりものが増える、陰部が痒くなり、緑黄色の濃いおりもの、悪臭など。尿道から膿がでるといった症状がでます。

カンジダ症

カンジダといるカビの一種の真菌が異常増殖して発症する炎症を指し、性行為による感染や、常在菌であるため免疫の抵抗力が落ちた時に異常増殖しで発症する場合も有ります。

カンジダの症状は、男性は、尿道口が赤くなり痒みがある場合があり、女性は外陰部や膣のかゆみ、ヨーグルト酒粕状のおりものの増加、性交痛、排尿障害などがあります。

梅毒

梅毒トレポネーマという細菌が皮膚や粘膜の傷を通して病源菌が侵入し、血液中に入って感染します。

性行為やアナルセックス、フェラチオなどにより感染し唾液や血液に触れることで感染する場合も有ります。

ウィルスによる性感染症

ウイルスによって感染する性感染症は、病原体のウィルスが性行為や類似行為により粘膜の接触や体液の接触により感染し発症します。

疾患としては性器ヘルペス、尖圭コンジロームなど治療が比較的に簡単な病気から、B型肝炎、C型肝炎などのように完治の難しい病気、HIV感染症のように現在は治療法が無い病気まであります。

B型肝炎

B型肝炎ウイルス(HBV)が感染し発症する肝臓の病気で感染経路は性行為による感染、血液による感染、母子感染がります。

症状は、倦怠感、食欲不振、発熱、関節痛、血尿、黄疸の他、便が白くなったり、尿が黒っぽくなったり、白眼の部分が黄色くなったりします。

C型肝炎

C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により発症する肝臓の病気で感染経路は、性行為で感染する他、血液の接触によっても感染します。

症状は、自覚症状が無いものから、倦怠感、食欲不振、など症状く、感染者の7割前後は慢性化し、肝硬変から肝臓ガンに進むことが多いとされます。

HIV感染症

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスが、血液に入って感染する病気で感染からエイズを発症するまで10年程度かかる病気です。

HIVは徐々に増殖し免疫の働きを低下させ少しずつ低下させ発病すると半数以上の方が1年以内でなくなってしまう恐ろしい病気です。

原虫による性感染症

トリコモナス症

トリコモナス原虫が膣、子宮頸管、尿道、膀胱などに寄生し発症する病気で性行為による感染の他、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。

BannerMenKit BannerWomenKit

関連記事

クラミジア感染症|感染者と性行為をすると3回に1回は感染する

目次1 クラミジアとは2 クラミジアの症状2.1 男性のクラミジア症状2.2 女性のクラミジア症状3 喉(のど)のクラミジア4 喉に感染するクラミジア5 クラミジアの病原体と感染経路6 クラミジアの検査7 クラミジアを検・・・

淋菌感染症(淋病)|尿道から膿が出たら80%の確立でこの病気

目次1 淋病(淋菌感染症)とは2 淋病(淋菌感染症)の症状3 咽頭「のど」の(淋病)淋菌感染症4 喉頭淋菌感染症に見られる男女比や年齢、感染源などについて5 まとめ6 病原体と感染経路7 淋病(淋菌感染症)の検査8 淋菌・・・

トリコモナス|デリケートゾーンの強いかゆみや、おりものが臭い時はこの病気の可能性。

目次1 トリコモナスとは2 トリコモナスの症状3 トリコモナス感染症の病原体と感染経路4 トリコモナスの検査5 トリコモナスを検査するキット6 トリコモナスの治療と予防 トリコモナスとは トリコモナス症とは、英語名tri・・・

エイズ(HIV感染症)|ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し免疫力を低下させる。

目次1 HIVウィルスとは2 エイズとは3 HIV感染症 初期症状と進行による症状の変化3.1 感染初期~無症候期~発症3.2 HIV感染症の初期症状からエイズ発症までについて3.3 初期症状3.4 エイズ発症3.4.1・・・

梅毒|粘膜や体液を介して感染することから、セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染する。

目次1 梅毒とは2 梅毒の症状2.1 第I期2.2 第II期2.3 潜伏梅毒2.4 晩期顕症梅毒 3 梅毒の感染経路4 梅毒の検査法5 梅毒を検査するキット6 梅毒の治療法 梅毒とは 梅毒は、梅毒トレポネ−マと呼ばれる細・・・

カンジダ症|健常者でも皮膚に常在する細菌だが免疫力が下がると様々な症状を起こす。

目次1 カンジダとは2 カンジダの症状3 カンジダの原因4 カンジダの検査法5 カンジダを検査するキット6 カンジダの治療法 カンジダとは カンジダは、真菌という、カビの一種に属する菌で真菌は身体のあらゆるところ、皮膚、・・・

B型肝炎|血液や体液を介して感染し、日本では100人に1人が感染者。

目次1 B型肝炎の症状2 B型肝炎感染経路3 B型肝炎検査法4 B型肝炎を検査するキット5 B型肝炎治療法 B型肝炎の症状 急性B型肝炎と慢性B型肝炎に分けて解説します。 急性B型肝炎は、B型肝炎ウイルス感染から1~6カ・・・

C型肝炎|血液を介して感染し、進行すると慢性肝炎、肝硬変、肝がんになる。

目次1 C型肝炎の症状2 C型肝炎の感染経路3 C型肝炎の検査法4 C型肝炎を検査するキット5 C型肝炎も治療法 C型肝炎の症状 C型肝炎ウイルスに感染したばかりの初期は、自覚症状がありません。 しかし、長期間にわたって・・・

性器ヘルペス|ウイルス感染症で性行為やオーラルセックスで感染する。

ヘルペスが皮膚に感染し水泡みたいものが出き、それが破れただれたような状態のことを言います。 強い痛みを感じることがあり、初めて感染した女性の中にはトイレができないほどの痛みを訴える人もいます。 性器ヘルペスのウイルスの撃・・・

尖圭コンジローマ|ヒトパピローマウィルスが粘膜や皮膚の細胞を異常に増殖させて起こる良性腫瘍。

目次1 尖圭コンジローマとは1.1 尖圭コンジローマの症状1.2 尖圭コンジローマの感染経路2 尖圭コンジローマの検査法2.1 尖圭コンジローマの治療法2.2 尖圭コンジローマの予防法 尖圭コンジローマとは 尖圭コンジロ・・・

毛じらみ|人間の毛根に寄生し、人の血液のみ吸血し栄養とするシラミです。

目次1 毛じらみとは1.1 毛じらみの症状1.2 毛じらみの感染経路1.3 毛じらみの検査法1.4 毛じらみの治療法1.5 毛じらみの予防法 毛じらみとは 陰毛の接触により、シラミの一種の毛じらみが感染する病気です。毛じ・・・

子宮頸がん|悪性のヒトパピローマウイルスに感染することで発病する子宮の入り口付近に発生するがん。

目次1 子宮頸がんとは2 子宮頸がんの症状3 子宮頸がんの感染経路4 子宮頸がんの検査法5 子宮頸がんの治療法6 子宮頸がんの予防法6.1 関連記事 子宮頸がんとは 婦人科のがんで最も多くなっているのが子宮がんになります・・・

疥癬「ヒゼンダニと呼ばれる小さいダニが、人の肌の角層に寄生して感染する皮膚疾患」

目次1 疥癬とは2 疥癬の症状3 疥癬の感染経路4 疥癬の検査法5 疥癬の治療法6 疥癬の予防法 疥癬とは ヒゼンダニと呼ばれる小さいダニが、人の肌の角層に寄生して感染する皮膚疾患のことです。 大正~昭和にかけて大流行し・・・

軟性下疳「ヘモフィルス・ デュクレイと呼ばれる菌が原因となり性器に豆粒程度のコブができる。」

目次1 軟性下疳とは2 軟性下疳の症状3 軟性下疳の感染経路4 軟性下疳の検査法5 軟性下疳の治療法6 軟性下疳の予防法 軟性下疳とは 男女それぞれ性器に豆粒程度のコブができ、潰れると強い痛みを伴う潰瘍になります。 国内・・・

細菌性腟症「雑菌が腟内で過剰に繁殖して炎症を起こす病気」

目次1 細菌性腟症とは2 細菌性腟症の症状3 細菌性腟症の感染経路4 細菌性腟症の検査法5 細菌性腟症の治療法6 細菌性腟症の予防法 細菌性腟症とは クラミジア、カンジタ、淋菌といった特殊な菌ではなく、普段私たちの体内に・・・

サイトメガロウイルス「感染すると発熱、倦怠感、湿疹、のどの痛み、首のリンパ節のはれや肝機能異常」

目次1 サイトメガロウイルスとは2 サイトメガロウイルスの症状3 サイトメガロウイルスの感染経路4 サイトメガロウイルスの検査法5 サイトメガロウイルスの治療法6 サイトメガロウイルスの予防法 サイトメガロウイルスとは ・・・

SEXで感染する性病|性器の粘膜を通して病原菌が感染する

セックスでは、男性の性器を女性の性器に入れ、両者の粘膜と体液が接触します。 当然、お互いの性器同士が直接接触する事になる訳ですが、性器同士が直接接触する事により、ウィルスや雑菌などに感染する可能性があります。 また性器に・・・

フェラチオで感染する性病|感染者の精液や体液に含まれる病原体が喉の粘膜に感染する

男性の性器を舐めるフェラチオですが、性病の感染を考えれば避けた方が良い性行為です。 フェラチオで感染する恐れがある性病は、淋菌、クラミジア、ヘルペス、梅毒です。 感染するケースは性器に存在する病原体が、フェラチオをする事・・・

クンニリングスで感染する性病|女性器の粘膜を通して病原菌が感染する

女性の性器を舌で舐める行為、クンニリングスで性感染症に感染する可能性は多くあります。 クンニリングスという性行為では、口と性器が直接接触する為性病に感染するという点から考えると危険な性行為であります。 具体的に考えた場合・・・

アナルセックスで感染する性病|出血をともなうセックスはHIVや梅毒が感染しやすい

性器を肛門に挿入する性行為であるアナルセックスは、膣への挿入に比べて性感染症のリスクが高くなります。 アナルセックスで特に怖いのは、HIVとC型肝炎ウィルスです。 コンドームを付けないでアナルセックスをすると、HIV・C・・・

接触で感染する性病|リスクは低いが可能性は0では無い

自慰行為においての性感染症を考えて見ます。 自慰行為とは、自分の手などを使い自分の性器や性感帯を刺激する行為を、一般的にはマスターベーションやオナニーと呼ばれますが、マスターベーションで性感染症になる可能性はかなり低いと・・・

風俗店・素股で感染する性病|3回に1回の割合で感染する可能性がある

素股という性行為は主に風俗サービス店で行われる行為になりますが、挿入をしないので性感染症に感染しないかと言えばそうではありません。 正確にな言い方をすると、性感染症は挿入行為や膣内射精または口内射精のみによって感染するも・・・

肛門を愛撫した時に感染する性病|雑菌が口を通し体内へ侵入する

肛門と口とが接触する性行為、リミングは赤痢アメーバへの感染が考えられます。 口や舌で相手の性器を愛撫する行為は、本来のセックスでの行為では考えられる事ではありません。 行う人もわずかな人に限られると考えられますが、そのわ・・・

バイブで感染する可能性がある性病|洗浄・乾燥・除菌が不十分だとリクスが生じる

女性の自慰行為、オナニーをする場合やセックスをより楽しもうと思うカップルが使用する事があるバイブですが、使い方などにより性感染症あるいは雑菌による炎症を起こすことが考えられます。 バイブ自体は樹脂などで出来ている為、当然・・・

男性器(ちんちん)尿道が痛い・違和感・膿が出る|クラミジアか淋菌が尿道に侵入した可能性がある

近年増加しているのはクラミジアでクラミジアは感染者との性行為により感染しますが、陰部だけではなく、咽喉にも感染します。 症状の有無、痒み・痛みの程度は個人差がありますが、悪化すると発熱や尿道炎や副睾丸炎などを引き起こす場・・・

女性器(あそこ・まんこ)おまたが痛くなる原因と対策

目次1 あそこが痛くなる原因1.1 女性の場合(あそこ・まんこが痛い!)1.2 性病以外の原因2 あそこが痛い時の対策2.1 性病検査を受ける2.2 石鹸やシャンプー、ボディクリームなどの見直し2.3 下着の見直し2.4・・・

おりものの色・におい・に異常がある|何らかの細菌、原虫が侵入している可能性がある

おりもの(帯下)は、膣の中を潤し妊娠しやすくしたり、病原体の侵入を防いだり、生理的な現象で健康な時は色は透明かやや白っぽい状態が正常な状態です。 おりものは健康な女性にもある生理現象ですが、細菌やウイルスなどの病原体が感・・・

出典:世界保健機構WHO:Sexually transmitted infections