デリケートゾーンが湿っているのは健康上当たり前のことですが、特に夏場などはムレてしまうと気になりますよね。

ただでさえ日本の気候は高温多湿と言われていますから、さらっとした生活を送るためにも注意した方がいい点がいくつかあります。

まとめてみたので、ぜひ読んでみて下さいね。

どうしてムレるか?

もちろん、もともと湿り気のある場所だから、ということもあります。

汗腺(汗を分泌する腺)が2種類もあって、ワキと同じくらい汗をかきやすい場所がデリケートゾーンなのです。

プラスして、おりものなどで湿ることが多い場所でもあります。

そこを布で密閉したら、当然ムレることもあるでしょう。

ファッションでできる対策

では、どんな対策ができるでしょうか。風通しをよくして外気に触れさせるというのが第一です。

普段パンツ(ズボン)を愛用している方はスカートをはいてみるのもいいですし、パンティを綿などの通気性に優れた素材で選ぶと良いですね。

もちろん、パンティを選ぶ際に小さめと大きめだったらサイズに余裕を持った方がデリケートゾーンのお肌には絶対に良いです。

さらにタイトなズボン、タイトなショートパンツ、ホットパンツなどでデリケートゾーンをぎゅうぎゅうにしめてしまうとムレやすくなります。

全体のシルエットやラインを気にする気持ちはよく分かりますが、夏だから細身に見せなきゃという強迫観念はいったん置いて、お肌を快適に過ごす日を少し作ってみると良いのではないでしょうか。

ストッキング(パンティストッキング)をはくなら夏用の薄地のもの、できればガーターベルトやショートストッキングを上手く取り入れるとさらに良いと思います。

ケアでできる対策

それから、デリケートゾーンへの直接のケアでできる対策もあります。

まず、生理中はナプキンをこまめに取り替えること。

湿ったナプキンを長時間つけていれば、ムレの原因になりやすいです。

それから、デリケートゾーンは念入りに(洗いすぎず適切な方法で)洗うことですね。

1日2回以上洗ってしまうとかえって身体が本来持つ自浄作用を邪魔してしまうので、1回程度、専用のケア製品(ソープや洗浄液など)で優しくお手入れしてあげると良いです。

それでも気になる、それでもあまり効果がみられないという場合は、アンダーヘアをちょっとお手入れしてみるのも有効です。

チクチクしないようにヒーターなどで焼き切るのがおすすめです。

まとめ

もちろん「全部実行しないといけない」ということではありません。

これならできるかも、これは効きそうだと思った方法をちょっとずつ試して頂ければと思います。

ムレに悩む方は意外に多いので、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

BannerMenKit BannerWomenKit