デリケートゾーンって何? という方のために。女性器、VIOライン、パンティで隠す部分、アソコ、色々人によって呼び方は様々ですがなんとなくイメージして頂けたかと思います。

堂々と話せる話題ではありませんが、じゃあ自分でも見ないで放っておいたらいいの? というと違います。性病を正しく予防するためにもある程度知っておいたほうがいいことがいくつかあるんですね。これからそれをお話します。

意外に大切、デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンは常に菌がいます。どんなにキレイにしていても常在菌は必ずいて、逆にいてくれないと困る存在になっています。

わきの下と同じように汗をかく機能もありますからケアをしないと悪臭を放つ場合もありますし、何より心配なのが「不潔にしておいて良い」と思ってしまうと「性病」につながってしまいやすくなることです。

たとえば、居てくれないと困る「カンジダ菌」ですが時に増えすぎて悪さをすることもあります。

どうやって洗えばいいの?

大半の人がボディソープなどを使ってお手入れしているかと思いますが、なにしろ敏感な場所ですからできれば専用の石鹸や膣洗浄液などを使ったほうがいいと思います。それから、指のおなか(指先のやわらかい部分)で優しくゆっくりと洗うこと、これも大切です。
 
ひょっとして後ろから前に洗っていませんか? これは絶対にNGです。陰毛から始めて、だんだんとお尻の方向に洗ってゆきましょう。そうでないと、お尻付近の大腸菌などがデリケートゾーンや膣に付着してしまう恐れがあり、これが性病や感染症にとっても良くないのです。

こんなことに注意?

まず、洗いすぎは絶対にダメです。多くて1日1回、それ以上になるとデリケートゾーンの健康に欠かせない常在菌まで流れてしまって、回復が追いつかなくなるので逆に不健康になります。

次に膣内に指を入れてまで洗うのはやめましょう。もともと雑菌を防ぐようにできているので、それを洗い流してしまうと逆に膣炎などのおそれもあるのです。それから、生理中はデリケートゾーンもいつもより敏感になっています。普段よりも注意深く扱ってあげて下さい。

まとめ

デリケートゾーンのケアは毎日のお手入れが大切です。できれば専用のケア用品を使うとより良いケアができます。くれぐれも洗いすぎないように気を付けましょう。デリケートゾーンは健康である方がもちろんいいですよね? これから少しだけ意識してみて下さったら嬉しいです。

対策グッズ 売れ筋ランキング

i_rank_m6売れ筋ナンバーワン!

デリクリア (日本製)

sp-pro3

デリクリアの特徴

安全の日本製で、医療現場でも使われる安心の精製水を膣内でシャワー状に噴出し、膣内に付着している残血、おりもの、雑菌などをきれいに洗浄し、膣本来の自浄作用を回復させます。

噴射ノズルは優しく挿入でき、膣を傷つけないソフトな素材でできており、シャワー孔は隅々まできれいに洗浄できる位置に配置してあります。

角度が自由に変えられるノズルにより、お客様個々の個性に合わせた形状にフィットさせることができ、ソフトボトルはシャワー効果を最大限に発揮できる握りやすい柔らかさになっています。

価格 9本入り 3,680円 
(120mL×9本) 3,680円
評価 ecalic024_001

i_rank_m12売れ筋ナンバー2!

インクリア (韓国製)



インクリアの特徴

実際に使用したモニターの84%が、効果を実感し、半年間で70000個以上販売されました。

ビデでは落とせない、タンパク性の汚れや、オリモノなどをしっかり洗浄でき、臭い改善に、とても効果的です。

膣内に乳酸を補給して膣内の細菌バランスへも配慮しています。

株式会社ウェットトラストコリア(韓国)の子会社であるウェットトラストジャパンが輸入し販売しています。

現在の社名は、株式ハナミスイに変更

価格 1296円-3本
3833円-10本
評価 ecalic024_004

i_rank_m23売れ筋ナンバー3!

ドルチェローズ 生ジャムウソープ (日本製)



生ジャムウソープの特徴

インドネシア発祥のデリケートゾーンを洗う石鹸として評判となりました。

価格 80g 1個1,728円
3個 4,980円
評価 ecalic024_007