デリケートゾーンって何? という方のために。女性器、VIOライン、パンティで隠す部分、アソコ、色々人によって呼び方は様々ですがなんとなくイメージして頂けたかと思います。

堂々と話せる話題ではありませんが、じゃあ自分でも見ないで放っておいたらいいの? というと違います。性病を正しく予防するためにもある程度知っておいたほうがいいことがいくつかあるんですね。これからそれをお話します。

意外に大切、デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンは常に菌がいます。どんなにキレイにしていても常在菌は必ずいて、逆にいてくれないと困る存在になっています。

わきの下と同じように汗をかく機能もありますからケアをしないと悪臭を放つ場合もありますし、何より心配なのが「不潔にしておいて良い」と思ってしまうと「性病」につながってしまいやすくなることです。

たとえば、居てくれないと困る「カンジダ菌」ですが時に増えすぎて悪さをすることもあります。

どうやって洗えばいいの?

大半の人がボディソープなどを使ってお手入れしているかと思いますが、なにしろ敏感な場所ですからできれば専用の石鹸や膣洗浄液などを使ったほうがいいと思います。それから、指のおなか(指先のやわらかい部分)で優しくゆっくりと洗うこと、これも大切です。
 
ひょっとして後ろから前に洗っていませんか? これは絶対にNGです。陰毛から始めて、だんだんとお尻の方向に洗ってゆきましょう。そうでないと、お尻付近の大腸菌などがデリケートゾーンや膣に付着してしまう恐れがあり、これが性病や感染症にとっても良くないのです。

こんなことに注意?

まず、洗いすぎは絶対にダメです。多くて1日1回、それ以上になるとデリケートゾーンの健康に欠かせない常在菌まで流れてしまって、回復が追いつかなくなるので逆に不健康になります。

次に膣内に指を入れてまで洗うのはやめましょう。もともと雑菌を防ぐようにできているので、それを洗い流してしまうと逆に膣炎などのおそれもあるのです。それから、生理中はデリケートゾーンもいつもより敏感になっています。普段よりも注意深く扱ってあげて下さい。

まとめ

デリケートゾーンのケアは毎日のお手入れが大切です。できれば専用のケア用品を使うとより良いケアができます。くれぐれも洗いすぎないように気を付けましょう。デリケートゾーンは健康である方がもちろんいいですよね? これから少しだけ意識してみて下さったら嬉しいです。

対策グッズ 売れ筋ランキング

i_rank_m6売れ筋ナンバーワン!

デリクリア (日本製)

sp-pro3

デリクリアの特徴

安全の日本製で、医療現場でも使われる安心の精製水を膣内でシャワー状に噴出し、膣内に付着している残血、おりもの、雑菌などをきれいに洗浄し、膣本来の自浄作用を回復させます。

噴射ノズルは優しく挿入でき、膣を傷つけないソフトな素材でできており、シャワー孔は隅々まできれいに洗浄できる位置に配置してあります。

角度が自由に変えられるノズルにより、お客様個々の個性に合わせた形状にフィットさせることができ、ソフトボトルはシャワー効果を最大限に発揮できる握りやすい柔らかさになっています。

価格 9本入り 3,680円 
(120mL×9本) 3,680円
評価 ecalic024_001

i_rank_m12売れ筋ナンバー2!

インクリア (韓国製)



インクリアの特徴

実際に使用したモニターの84%が、効果を実感し、半年間で70000個以上販売されました。

ビデでは落とせない、タンパク性の汚れや、オリモノなどをしっかり洗浄でき、臭い改善に、とても効果的です。

膣内に乳酸を補給して膣内の細菌バランスへも配慮しています。

株式会社ウェットトラストコリア(韓国)の子会社であるウェットトラストジャパンが輸入し販売しています。

現在の社名は、株式ハナミスイに変更

価格 1296円-3本
3833円-10本
評価 ecalic024_004



  

i_rank_m23売れ筋ナンバー3!

ドルチェローズ 生ジャムウソープ (日本製)



生ジャムウソープの特徴

インドネシア発祥のデリケートゾーンを洗う石鹸として評判となりました。

価格 80g 1個1,728円
3個 4,980円
評価 ecalic024_007


関連記事

細菌による炎症か?付着物によるものか?デリケートゾーンのかぶれの原因となり得るもの

デリケートゾーンに違和感があっておそるおそるチェックしたらかぶれていた、ということは「他人事」ではなくいつ起きても不思議ではないことです。 特に病気というわけではなくても、色々な原因で起こってしまいます。 もちろんびっく・・・

ケアを怠るとデリケートゾーンのかゆみの原因の様々な細菌が増殖する

かゆみを感じるのは必ずしも病気とは限りません。 もともとすごくデリケートな部分なので生理時の経血やおりもの、ケアの不十分な状態などで簡単にかゆくなってしまいます。 ただ、気にしないで良い(通常ケアで対応できる)かゆみであ・・・

デリケートゾーンのにおいが臭い場合は、様々な原因が考えられる。

そばを通り過ぎた時にふわっと鼻をかすめるいい匂い、女子なら憧れますよね。 ただどんな香水を使ってもカバーできない・してはいけないのがデリケートゾーンのにおいです。 体臭を香水でごまかすとかえってひどいことになりますが、そ・・・

高温多湿の日本ではデリケートゾーンのムレ対策は必須

デリケートゾーンが湿っているのは健康上当たり前のことですが、特に夏場などはムレてしまうと気になりますよね。 ただでさえ日本の気候は高温多湿と言われていますから、さらっとした生活を送るためにも注意した方がいい点がいくつかあ・・・

敵か?味方か?汚れや雑菌からデリケートゾーンを守る常在菌

その名前の通りデリケートな部分だから、外からの刺激にも弱いのでは? と不安になったあなたのために前回デリケートゾーンのケア方法をご紹介しました。 もちろん放っておいてはよくないのですが、かといって神経質になることもありま・・・

メラニン色素、加齢やホルモンバランスの乱れにより黒ズミがデリケートゾーンにできる

デリケートゾーンの黒ズミはある程度は避けられないことですが、「年を取ると仕方ない」(これはある程度本当です)「性経験が豊富な証拠」(医学的に根拠がないと言われています) などの意見がイヤで神経質になってしまう女性も多いで・・・

生理の血やそのニオイがおりものに残っているから生理の後のにおいが強くなる

生理の時ににおいがするのはどうしても仕方ないですが、終わった後にもにおいが残っているような気がして気になる、という女性は案外少なくありません。 なぜ? どうしたらいい? そんな疑問にお答えします。 目次1 生理の後にニオ・・・

生理時のデリケートゾーンは通気性が確保しかゆくならないように気を付ける

生理だけでもつらいですが、かゆみもセットでやってくると本当に憂うつですよね。 生理のかゆみをなんとか楽にできる方法はないかな?  と調べたら本当に色々とありました。ここではほんの一部ですが皆様にご紹介したいと思います。 ・・・

女性ホルモンの変化はデリケートゾーンにも影響を与える

女性であればデリケートゾーンとのお付き合いは一生続きます。 でも、一生同じケアで本当に大丈夫でしょうか?また、デリケートゾーンの状態も、やっぱり年齢で変わってくるのでは? そういう疑問にお答えするためにちょっと調べてみま・・・